院内感染対策

五輪歯科医院では、治療中の患者様の安全を確保するため、下記の院内感染対策を行っております。院内感染対策を徹底する事で、お子様からご高齢者まで皆等しく安心して治療をお受け頂けるよう最大の努力をスタッフ一同致しております。

待合室に入る前の手指消毒

当院では風除室(1枚目の扉と2枚目の扉の間)に手指消毒用のアルコール液を準備し、使用するようにお願いしております。

人に病気を引き起こす微生物は、あるものは空気を介して、あるものはくしゃみや咳のしぶきを介してと、色々な感染経路によって人に侵入してきます。 このような感染経路の中でも、最も重要で人に病気を引き起こす頻度が高いと考えられているのが、「手指」を介した経路なのです。 このため、こまめに手指消毒をすることは、インフルエンザなどの感染症にかからないためにはとても大切な行為なのです。

口腔外バキュームの設置

口腔外バキューム

口腔外バキュームとは、歯科治療中に出る歯の削りカスや金属片、患者さんの血液や唾液など、細菌汚染物質となるものを確実に素早く吸引し、患者さんの健康を守るためのものです。 当院では、この様な目に見えない空気中の塵や細菌が院内に広がってしまわない様に、すべてのユニットに設置し、快適でクリーンな診療を行っております。

 

滅菌処理

患者さんのお口の中に入れる治療器具はもちろん、間接的にお口の中の唾液や、血液に触れる可能性が少しでもある器具にたいして徹底してディスポーザブル(使い捨て)や、滅菌、殺菌処理しています。しかし、滅菌処理には時間がかかります。そのため、歯を削る機械などは専用の小型滅菌器を使用し、滅菌器を使いわけて診療を行っております。

残念ながら、ここまで徹底して行っても全く収入にはなりません。 しかし、五輪歯科医院を信用して来院される患者さんの健康のため、五輪歯科医院を支えてくれるスタッフのためにも徹底した院内感染の防止は、倫理的にも必要最低限のことと考えております。

外来環境加算

当医院は、安全で安心できる歯科外来診療の環境整備について、厚生労働大臣の定める施設基準に基づき「歯科外来環境体制加算」を算定しております。

紹介

  1. 所定の研修を修了した常勤の歯科医師が、1名以上配置されていること
  2. 歯科衛生士が、1名以上配置されていること
  3. 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベおよび酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を設置していること
  4. 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること
  5. 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること
  6. 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること
  7. 歯科ユニットごとに歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるよう、歯科用吸引装置等を設置していること
LYCKA TILL