宮城野区の歯医者・歯科医院 - 歯周病治療・審美治療なら五輪歯科医院

periodontal disease

歯の磨き方

歯の正しいブラッシング方法をご存知ですか?

正しくみがけていなければ、どんなに一生懸命みがいても意味がありません。歯みがきの目的は、お口の中からむし歯や歯周病の原因となるプラークを取り除くことです。

歯のみがき方は、大人と子供では違いますし、むし歯予防と歯周病予防でも違います。
今の磨き方が、お口の中の状態にあっているかどうか時々はチェックしてもらう事をおすすめします。

歯ブラシの持ち方

鉛筆をもつように持ち、力を入れず優しくみがく。

歯の表面の磨き方

直角(90度)になるように歯ブラシの毛先をあてます。
歯ブラシの動かし方は、細かく左右に2mmから5mm程度振動させるようにし、同じ場所を20~30回程度磨きましょう。

歯の裏側の磨き方

前歯は歯ブラシのかかとの部分(柄に近い方)を使って磨きましょう。
歯の裏側の磨き方①
奥歯は歯ブラシをななめに入れて磨きましょう。利き手側の裏側は磨き残しが多くなりやすいので特に念入りに磨くようにしましょう。
歯の裏側の磨き方②

かみ合わせ面の磨き方

歯ブラシを細かく動かしましょう。
かみ合わせ面の磨き方

歯並びが凸凹している所の磨き方

歯ブラシを細かく動かしましょう。
歯並びが凸凹している所の磨き方

歯と歯の間の磨き方

歯ブラシだけでは汚れは取りきれません。歯間ブラシやフロスを一緒に使いましょう。

すすぎ方

たくさんすすぐ必要はありません。
少量の水で30秒だけすすぎましょう。

歯ブラシの交換時期

歯ブラシは使っているうちに徐々に毛先が広がってしまいます。
毛先が広がっている歯ブラシは、汚れを取る能力が落ちるので、いつもと同じように磨いても磨き残しが多くなってしまいます。
毎食後、1日3回歯磨きをした場合、歯ブラシの寿命は約1ヶ月と言われています。
だいたい1ヶ月を目安に交換しましょう。

歯磨きにかける時間

時間をかけて正しく磨く事が大切です。
昔は「3分を目安に」とい言われていましたが、3分で全ての歯を完全に磨くことはできません。歯の一本一本を丁寧に磨いていくと、少なくとも10分はかかります。