宮城野区の歯医者・歯科医院 - 歯周病治療・審美治療なら五輪歯科医院

periodontal disease

重度歯周病と抜歯

歯周病の治療とは、できるだけ歯を残すための治療です。
歯周病になっている歯や歯肉をなるべく健康な状態へ戻したり、歯周病の進行を食い止めるというのが本質です。
当院では、まず最初にどうすればできるだけ多くの歯を残せるか考えて治療を始めます。しかし、いかなる方法をとっても残す見込みのない歯に関してだけは、抜歯をおすすめする場合があります。

やむを得ず抜歯をおすすめする場合

  • 治療の効果がまったく現れず炎症が持続する歯
  • 難治性の病気を併発している歯
  • 根が折れている歯
  • 極度に動揺している歯
  • 過度に大きいむし歯がある歯
  • 隣の歯に悪影響を及ぼしている歯
  • 総合的に見て障害となっている歯
 など
さらには、患者様の治療に対する要望によっても、抜歯が必要になる場合もあります。
実際に抜歯するかどうかを決定するには、治療上十分なコミュニケーションが必要です。

当院では、歯周病専門医がその1本の歯がお口の中の健康にプラスになるかどうか、長期的な部分も踏まえて判断しおります。