宮城野区の歯医者・歯科医院 - 歯周病治療・審美治療なら五輪歯科医院

periodontal disease

8020運動について

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。
8020達成率は、運動開始当初は7%程度(平均残存歯数4~5本)でしたが、厚生労働省の調査(2005年(平成17年)歯科疾患実態調査)によると、80歳~84歳の8020達成率は21.1%で、85歳以上だと8.3%にまで伸びてきています。平均10本くらいまで歯が残っていることになります。

皆様のお口の中には歯が何本ありますか?

歯を失う多くの理由は「むし歯」と「歯周病」です。
つまり、この2つを予防すれば、歯を失う可能性をかなり低くすることができるのです。
欧米では、80歳で平均25本も歯が残っていると言われています。
この違いはなんでしょうか?
この違いは「予防」の考え方です。

「痛くなったら通う」のではなく、「痛くなる前に通う」「痛くならないように通う」予防のために、歯科医院に行くので歯を傷つけることが少ないですし、一生自分の歯でおいしい食事ができるでしょう。

これをきっかけに、「予防」をしてみませんか?